究極の自分愛とは

皆様は自分の事が大好きですか?


私は。。。
大好きです

でも、ほんの数年前までは大っ嫌いで

「自分を愛しましょう。」

と、言われても

「それって美味しいの?」レベルで

意味が全くもって分からず
自己嫌悪のループにハマっていた時も
あるんですよ(^.^)


今日は
自分を愛する『自分愛のセオリー』
ついてお話しさせて頂きます。



自分を愛するとは、、、

何かご褒美をあげたり
贅沢をさせてあげたり
自分優先I love me♡

と、言う意味でありません。


勿論、物質的に
喜びを与えてあげたり
自分を優先にしてあげるのもありですが
自分の中から豊かさを生み出せないと
外の世界へと欲求が止む事はありません。

勿論、外の世界への欲求
物質的な欲求が悪い訳ではありません

この世に生きてる事は
エゴ()とは、切り離せないし
それもまた、生きて行く上では必要だから。

ちなみに。。。

エゴは決して悪ではなく、ただの「欲」
ただ、枯渇感を「欲求」で埋めようとすると
無限ループにハマってしまうのですρ`)

では、本当の意味での
『自分を愛する』とは。。。何でしょう?


簡単に一言で言えば

『キャパを大きくする事』

と、私は思うのですよ。

今までイヤだと思っていた事や人の
何がイヤなのか?

「あの人は。」

と、外側へ向いていたベクトルを
今度は内側へ、内側へとベクトルを向け
焦点を合わせ行きます。


焦点を当てると言う事は
自分への問いかけ。

真っ暗な闇の部分へ光を当てると言う行為。
焦点はエネルギー。
エネルギーは光。

光を受けた闇の部分は
やがてバランスを取り戻し
光の中へと溶けて行きます。

これをね。

淡々と繰り返して行くと

「今までイヤだった事が
そうでなくなる。」

のです。

すなわち、受容性(キャパ)が広がり
今までイヤだった事を
自然体で受け入れ消化でき
自分自身にイヤな思いを
させずに済むのです。

そうするとね。

自分の人生を信じられる様になるんです。


起きた物事は
ただ起きた物事。
ありのままに受け入れられて
他人も自分もジャッジしない生き方に。

酸いも甘いも「ある」事を許し

自分の人生を
まるっと引き受けられる様になったなら
息を吸っているだけで
毎瞬、毎瞬が至福感の押し寄せ(˃̵ᴗ˂̵)

自分の内側にベクトルを向け
バランスが良くなると
自分自身にイヤな思いをさせないから
至福感は自分の中から絶え間なく
こんこんと湧き上がって来ます。

愛の洪水。

これが自分愛。

自分の事が大っ嫌いで
酷使し、粗末に扱ってた時があるからこそ
今は自分を愛おしく思います。

みんなで幸せに輝いて
自分らしく存在する人生を
体現して参りましょう

Photo  by.塚本ダイさん

八鍬千夏Instagram

チヤホヤされるポッと出てモテ子と動物的な本能

一生懸命に努力しているのに
大して努力もせず(見えて)
大して可愛くもなく(見えて)
それなのに世間では

ポッと出てのモテ子が
チヤホヤされる。。。(˘з˘)

な、現象について。


今日は、ちょいと
女子ぶっちゃけトークです

 

ここ最近、女友達MちゃんとKちゃんとの
恋話Zoomでのやり取りなのですが。。。


私達は
3人とも末っ子。
末っ子は、生まれた時から
チヤホヤされて来たので
チヤホヤされるのは普通の事。

なので、ちょっとしたチヤホヤだと
気づきにくい。

でも、他人様がチヤホヤされていると
アンテナはムクムク動き出す()


基本、男子も女子も
チヤホヤされたい願望はあるのでしょうが

好きではないお相手に、チヤホヤされても
実は女子はさほど嬉しくはない。


ワガママな生き物でしょ?


意中の人にチヤホヤされて
初めて満たされる生き物。

これは動物的な

「優秀なDNAを残したい」って本能も
うっすら根底にあってね

こう思うと

結局、愛されたい。のではなく
愛していたい。のだと思うのです。
(動物界は、メスがオスを選ぶので)


モテ子が意外とツマラン殿方に
引っかかるケースが多い理由は
動物的本能からズレが生じた

空虚感。

モテるから、おデートの相手には困らないし
もっとイイ人いるかもって
刺激もあるんだけど

愛されてるの確認する様に
愛されたい。があり受け身。

満たされない。
愛されたい。

が空虚感を発動し
そちらが具現化しちゃうんですね〜。

勿論、そうでないモテ子さんも
いらっしゃると思うので
そうでないモテ子さんはスルーしてね!

愛する能力が低いというよりも
愛される事にウェイトを
置きすぎてしまってるんですよね。

動物にも「愛」はありますが
モテる事は
子孫繁栄に直結するので
オス選びは顕著です。


そして、合コンとかで
ポッと出てのモテ子がチヤホヤされ
お持ち帰りされる図は
今も昔も変わらずなのでしょうが

多くの末っ子ちゃんは、このポッと出てにも
正直、ザワザワするんです。

「何でだろうね?」

と、お話していた所
いつもイイ切り口で来るMちゃんが

「末っ子は、ポッと出ての存在そのものだからじゃない?」

って。

「ほぉーーー!確かに(°_°)」

お姉ちゃんやお兄ちゃんは
今まで「初めての子」として
チヤホヤされてたが

ある日、ポッと出ての妹や弟がやって来て

努力なしの存在だけで
愛情も話題もかっさわられてしまう。

幼い頃に免疫があるのですが
末っ子には、ない。

「自分のポジションが脅かされる
ザワザワ感なんだよ〜。」

と。


くだらん事で人は右往左往してるな
(^^;;
とも、思いますが
これも生存競争の一部ね。

ポッと出でチヤホヤされるモテ子
を「あざとい」というネーミングする辺りは
人間界もやはり生存競争や子孫繁栄の
サイクルの中にいるから仕方ないのですが

でもねぇ〜

この世はマトリックスだから

他人様に向けて
愛されたいビーム打っても
ダメなのよ。
エンドレスの枯渇感を生み出しちゃう。

「愛されたい現象」が生み出され
繰り返し起きる。

チヤホヤ=幸せとは限らないし
愛される=幸せとも限らない。

「じゃあ、どうすれば良いの?(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

それはもっと、自分の内側を見ます。
スピではお馴染みの

「自分を愛しましょう」

と言う考え方が答えになるのですが
これって、本当に色んな解釈ありますよね?

ふんわりしてて、ちょいと分かりにくいし。

このテーマについては
また次回のブログで
具体的に書かせて頂きますが

「愛し愛されたい」

と言う想いは
いにしえの時代より

人間のテーマ。

愛は原動力なので
恋愛に限らず
豊かで潤いのある人生を歩むのには
必要不可欠なのかも知れませんね。

もっとアニマルになりましょ

今宵はアニマル柄でw

Photo by.塚本ダイさん