存在給と言う在り方

私は毎朝、起きてから
YouTubeでJazzをセレクトして
美味しいコーヒーを淹れて頂くのが日課。

今朝もカーテン開けて
愛犬トラジと日向ぼっこしながら
幸せなコーヒータイム中に

「ああ、こうゆう事ね。」

と、腑に落ちる感覚がありました。

今日は「存在給」についての
お話しです。


「存在給」って少し前に
心理学をお勉強していて知った事なのですが
その人の存在そのものが価値のある物で
ただ存在するだけの自分の対価はいくら。

みたいな考え方なのですが

『生きてるだけで丸儲け』

みたいな感じなのかな〜??
って、正直あんまり良く分からなかったのです。

自分の存在と対等の金額
って、そもそも比べる事でもない様な。。。

何だか小骨が喉につっかえている様な
違和感を感じていたのです。


それが今朝
朝コーヒー飲んでいて

ハッとなり(゚Д゚)

妙に納得したのですよ。

存在給。

確かに素晴らしい考え方。
でも、意識が外向きになると
苦しくなる。

実際に「いくら?」って
聞かれるから
具体的な金額の罠にハマる。

セレブの言う存在給の対価と
毎月あれこれ支払いに大汗かく
一般庶民のそれとは
発してるバイブレーションも違うから

対価=お金様

にすると、、、、

常に他人様の評価が気になり
更に意識は外向きに。

その金額に相応しい自分になろうとするのは
心の中で摩擦を生じます。

それでは、いつまでたっても
自分の人生の主人公にはなれませんね(^^)

今朝、降って来た感覚は
こうでした。

《他人からの評価での対価でじゃなく

それは自分に対する対価です。

自分が自分に対して

どんな存在でいたいか

ではなく

『どんな存在でいるか』

在り方を示しています。》


この感覚で、ハッとしたんですね〜。

人間界ではお金様がツールです。
自分自身にお支払いしている対価って
一体どんな風だろう?

それは高級なお菓子や
ブランド物を買い漁る事ではないのですよ(^.^)

どれだけ、自分に相応しい「悦び」を
プレゼントしてあげているのかな。って事。

毎朝、Jazzを聴きながら
じんわりと幸せ感じながら頂く
美味しいコーヒーも

トラジの日向ぼっこしながら寝ている
愛おしい姿も

大いなる悦びのバイブレーションの中。
それは私という存在への対価だなぁ〜って

そう。
私にも幸せになる権利があるし
幸せになって良いのだから。


お金様=幸せ


では、決してありません。

でも、お金様も幸せを運んで来てくれる
大切なツールの1つですし
今の世界では必要なツールです。

お金様を否定するのでは、ございません。

ただ、存在給を決めるのは

金額ではなく
その先で得たい感情。

なのだと思うのです。

今、その感情を存分に味わうと
未来と共振共鳴の法則で
手元にやって参ります╰(*´︶`*)╯♡

だとしたら、、、

存在給を吊り上げるのは
全く持ってカンタンになってしまいますね

さあさあ、皆様
ジャンジャン幸せ感じて
幸せ貯金して
アゲアゲで参りますわよ

※私なりの解釈で
心理学とは異なるものとお考え下さい。

Photo by.塚本ダイさん

八鍬千夏Instagram

男はオオカミ伝説

少し前のお話しですが

「私、何か大切にされてない気がする。(˘з˘)

と、私の奥の方から
リトルちーちゃんの声がして

「何でかな?」

って、心証を探っていると。。。
思わぬ記憶が出て参りました。


今日は歌謡曲から出来た

私の恋愛恐怖症、トラウマのお話し()

 


私は大変、躾の厳しい家庭で育ちました。
特に殿方関係には英才教育を
されて来た事があります。

それは

 

『男はオオカミ』

 

私が幼い頃。
ピンク・レディが全盛期で
大ヒット曲の『S.O.S』を聴いて
どうしても分からないフレーズがあり
母に尋ねたのです。

「ママ、男はオオカミってなぁ〜に?」

と。

母は、どんな説明をしてくれたのか
もう忘れてしまいましたが

『何かが大切にされない。』

イコール

『女の子の大切な何かが傷つけられる。』

と、雰囲気で理解したのを覚えています。

その、漠然とした不安感を抱えての
毎日、憧れのピンク・レディを
歌って踊っていたから
本人の自覚なしに
綺麗に刷り込まれて行ったのでした。

 

高校生の時は
うっかりスケジュール帳を忘れて
学校へ行ってしまうと
アドレス帳をチェックされてしまい
男の子の名前が乗ってると
いつの間にか電話をされ

 

「ウチの千夏とは、どおゆうご関係ですか?」

と、言う始末ρ`)ヤメテクレー!

「何でそんな事するのよぉ(● ˃̶͈̀˂̶͈́)⁾⁾

と、文句を言うならば

「男はね、オオカミなのよ!」

と、ドヤ顔で決め台詞。
最初は面白がってた男子君も

「お前んちのかーちゃん、どうなってんだよ」

って、、、、

お陰様で
青春時代には
男の子友達はゼロ状態ω`)

大好きな人とデートするのも一苦労だし
大人になってもこんな調子のお母さん。

お母さん、どんな男性遍歴だったのよ_:(´` ):

この「男はオオカミ」の亡霊は
いつしか私のトラウマとなり
プチ恋愛恐怖症に。

当時は殿方とお話しをする時は
怖くてめっちゃ身構えていました()

この根底にある恐怖心は
必ずしも「殿方」に反応する訳では無いので
本当に厄介でヘキヘキでしたものでした。

まあ、母なりの愛情だったのも
子供を産める歳になって
理解できた事なのですがね。

正直、大変でした()

この「男はオオカミ」を紐解くと
まだ小学校に入る前に知ってしまった
ピンク・レディのS.O.Sの「男はオオカミ」
のフレーズの解釈

「男の人は、私を大切にしてくれない。」

母のフレーズの乱用に
潜在意識さんにどっしり定着。
いつしか

「大切にされない。」

だけが、私の中で取り残されて
しまっていたんですね〜。

腹の底に、これがあると
やっぱり「大切にされない(˘з˘)
と思える出来事が生み出されて来るんですよ。

表面に出てる、見えてる現象は
過去の想念なので
今ココではない為
お掃除をしてあげれば済む事なのですが

昭和のドラマとかアニメって

『お金持ちは美人だけど、性格おブス設定』

とか

『ヒロインは貧しい家庭の子で

でも可愛いくて健気でいじめられっ子設定』

とか

結構、刷り込まれてる概念ありますよね。

歌謡曲は

可愛い女
耐え忍ぶ女
男は身勝手

『昭和おっかさん讃歌』みたいなのも
理想の女性像として賞賛されていましたしね。
繰り返し聴くし、歌うから
強固に刷り込まれて行く。

因み、私の母はあざとい悪女タイプ()

何でやねん!とも思いますが
だから、娘達には厳しかったんだろうな〜。

私の欲しい愛ではなかっただけで
とても愛されていたのだと思うのです。


選んで来た家庭環境は
ほぼ前世との繋がりですが

私の青春、、、、
ピチピチだった頃の青春、、、
修道女の様だったρ`)カエシテ〜!



今回。。。
ひょっこり顔を出した感情さんが
思わぬブロックに紐ついていて
ビックリだったのですが
私の中では、腑に落ちる事が多く
この事に気付いてからは
殿方とお話しする事が
自然になったと思います


最近、オオカミ化する殿方も
めっきり少なくなりましたが
私のリアルでの周りの殿方は
皆様、紳士的な方が多い為
トラウマもどこかへ。。。

今は殿方は
いくつになっても中2w

「愛すべきオオカミちゃん

頼りになり
チャーミングで
愛すべき存在となりました。


かなり風変わりな
面白い経験をくれた亡き母と
昭和歌謡曲へ感謝

Photo  by.塚本ダイさん

八鍬千夏Instagram

究極の自分愛とは

皆様は自分の事が大好きですか?


私は。。。
大好きです

でも、ほんの数年前までは大っ嫌いで

「自分を愛しましょう。」

と、言われても

「それって美味しいの?」レベルで

意味が全くもって分からず
自己嫌悪のループにハマっていた時も
あるんですよ(^.^)


今日は
自分を愛する『自分愛のセオリー』
ついてお話しさせて頂きます。



自分を愛するとは、、、

何かご褒美をあげたり
贅沢をさせてあげたり
自分優先I love me♡

と、言う意味でありません。


勿論、物質的に
喜びを与えてあげたり
自分を優先にしてあげるのもありですが
自分の中から豊かさを生み出せないと
外の世界へと欲求が止む事はありません。

勿論、外の世界への欲求
物質的な欲求が悪い訳ではありません

この世に生きてる事は
エゴ()とは、切り離せないし
それもまた、生きて行く上では必要だから。

ちなみに。。。

エゴは決して悪ではなく、ただの「欲」
ただ、枯渇感を「欲求」で埋めようとすると
無限ループにハマってしまうのですρ`)

では、本当の意味での
『自分を愛する』とは。。。何でしょう?


簡単に一言で言えば

『キャパを大きくする事』

と、私は思うのですよ。

今までイヤだと思っていた事や人の
何がイヤなのか?

「あの人は。」

と、外側へ向いていたベクトルを
今度は内側へ、内側へとベクトルを向け
焦点を合わせ行きます。


焦点を当てると言う事は
自分への問いかけ。

真っ暗な闇の部分へ光を当てると言う行為。
焦点はエネルギー。
エネルギーは光。

光を受けた闇の部分は
やがてバランスを取り戻し
光の中へと溶けて行きます。

これをね。

淡々と繰り返して行くと

「今までイヤだった事が
そうでなくなる。」

のです。

すなわち、受容性(キャパ)が広がり
今までイヤだった事を
自然体で受け入れ消化でき
自分自身にイヤな思いを
させずに済むのです。

そうするとね。

自分の人生を信じられる様になるんです。


起きた物事は
ただ起きた物事。
ありのままに受け入れられて
他人も自分もジャッジしない生き方に。

酸いも甘いも「ある」事を許し

自分の人生を
まるっと引き受けられる様になったなら
息を吸っているだけで
毎瞬、毎瞬が至福感の押し寄せ(˃̵ᴗ˂̵)

自分の内側にベクトルを向け
バランスが良くなると
自分自身にイヤな思いをさせないから
至福感は自分の中から絶え間なく
こんこんと湧き上がって来ます。

愛の洪水。

これが自分愛。

自分の事が大っ嫌いで
酷使し、粗末に扱ってた時があるからこそ
今は自分を愛おしく思います。

みんなで幸せに輝いて
自分らしく存在する人生を
体現して参りましょう

Photo  by.塚本ダイさん

八鍬千夏Instagram

チヤホヤされるポッと出てモテ子と動物的な本能

一生懸命に努力しているのに
大して努力もせず(見えて)
大して可愛くもなく(見えて)
それなのに世間では

ポッと出てのモテ子が
チヤホヤされる。。。(˘з˘)

な、現象について。


今日は、ちょいと
女子ぶっちゃけトークです

 

ここ最近、女友達MちゃんとKちゃんとの
恋話Zoomでのやり取りなのですが。。。


私達は
3人とも末っ子。
末っ子は、生まれた時から
チヤホヤされて来たので
チヤホヤされるのは普通の事。

なので、ちょっとしたチヤホヤだと
気づきにくい。

でも、他人様がチヤホヤされていると
アンテナはムクムク動き出す()


基本、男子も女子も
チヤホヤされたい願望はあるのでしょうが

好きではないお相手に、チヤホヤされても
実は女子はさほど嬉しくはない。


ワガママな生き物でしょ?


意中の人にチヤホヤされて
初めて満たされる生き物。

これは動物的な

「優秀なDNAを残したい」って本能も
うっすら根底にあってね

こう思うと

結局、愛されたい。のではなく
愛していたい。のだと思うのです。
(動物界は、メスがオスを選ぶので)


モテ子が意外とツマラン殿方に
引っかかるケースが多い理由は
動物的本能からズレが生じた

空虚感。

モテるから、おデートの相手には困らないし
もっとイイ人いるかもって
刺激もあるんだけど

愛されてるの確認する様に
愛されたい。があり受け身。

満たされない。
愛されたい。

が空虚感を発動し
そちらが具現化しちゃうんですね〜。

勿論、そうでないモテ子さんも
いらっしゃると思うので
そうでないモテ子さんはスルーしてね!

愛する能力が低いというよりも
愛される事にウェイトを
置きすぎてしまってるんですよね。

動物にも「愛」はありますが
モテる事は
子孫繁栄に直結するので
オス選びは顕著です。


そして、合コンとかで
ポッと出てのモテ子がチヤホヤされ
お持ち帰りされる図は
今も昔も変わらずなのでしょうが

多くの末っ子ちゃんは、このポッと出てにも
正直、ザワザワするんです。

「何でだろうね?」

と、お話していた所
いつもイイ切り口で来るMちゃんが

「末っ子は、ポッと出ての存在そのものだからじゃない?」

って。

「ほぉーーー!確かに(°_°)」

お姉ちゃんやお兄ちゃんは
今まで「初めての子」として
チヤホヤされてたが

ある日、ポッと出ての妹や弟がやって来て

努力なしの存在だけで
愛情も話題もかっさわられてしまう。

幼い頃に免疫があるのですが
末っ子には、ない。

「自分のポジションが脅かされる
ザワザワ感なんだよ〜。」

と。


くだらん事で人は右往左往してるな
(^^;;
とも、思いますが
これも生存競争の一部ね。

ポッと出でチヤホヤされるモテ子
を「あざとい」というネーミングする辺りは
人間界もやはり生存競争や子孫繁栄の
サイクルの中にいるから仕方ないのですが

でもねぇ〜

この世はマトリックスだから

他人様に向けて
愛されたいビーム打っても
ダメなのよ。
エンドレスの枯渇感を生み出しちゃう。

「愛されたい現象」が生み出され
繰り返し起きる。

チヤホヤ=幸せとは限らないし
愛される=幸せとも限らない。

「じゃあ、どうすれば良いの?(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

それはもっと、自分の内側を見ます。
スピではお馴染みの

「自分を愛しましょう」

と言う考え方が答えになるのですが
これって、本当に色んな解釈ありますよね?

ふんわりしてて、ちょいと分かりにくいし。

このテーマについては
また次回のブログで
具体的に書かせて頂きますが

「愛し愛されたい」

と言う想いは
いにしえの時代より

人間のテーマ。

愛は原動力なので
恋愛に限らず
豊かで潤いのある人生を歩むのには
必要不可欠なのかも知れませんね。

もっとアニマルになりましょ

今宵はアニマル柄でw

Photo by.塚本ダイさん

人生の美容液

最近、少し気になる人が出て参りました。

でも、いわゆる『運命の人』では
ありません。


今日はちょいと
LOVEのお話し。


直感的な事なので
なんの根拠もありませが。。。
私は、他人様事も自分事も
恋愛に限らず

『運命の人』

が、分かってしまう
あまり嬉しくない性質があります。

その的中率は

ほぼ100%

目には見えない何か
と言う点に置いても否定は出来ない点もあって

人生がつまらなくなるので
普段は見ない様にしています。


今年に入り、私の周りでも
パートナーシップに目を向け
自分のお手入れをし始める
友人達がちらほら。

私はそんな女性の華やぐエネルギーが
大好きなのですが

何故か自分とは無縁な気がしていて

寂しがり屋さんでもないし
1人で困る事も特にないので

今の状況が『確定』となっていました。


お付き合いに至る前に
『運命の人』か否か。
が、見えてしまうと、、、
それなりに恋愛ドキドキ感もあるのですが
ライブ感はないので、どこか上の空。

なのにこの度

スイス銀行の金庫の奥底にて熟成中だった
感情感覚が久々にやって参りまして
お相手の言動に「きゃあ」とか

一喜一憂してる

ちょっと意外な自分がいる訳ですよ。


気がつけば
乙女ちゃんな私がいて
でも、なんかちょっと違うのよ。

そう、擬似恋愛なんですね〜。
本物の感情ではないのです。


何となく心地悪い気がして
どおしたものか?と、思っていたら

私の中から

「別に良いじゃない。」


と言う想いが湧いて来まして

まあ、、、擬似恋愛でも何でも
ワクワク感を楽しめば良し!
恋愛と決めずリハビリと思え!

的な感じなのです。

ん〜、確かに!

一昔前。ヨン様ブームの時
世のおば様方のキラキラした事。

あのエネルギーは、大事よね。

なんか、こう。。。
女性ホルモン、コンコンと湧き出ちゃうみたいな。

なんかストンと腑に落ちた!

と、同時に

久々のロマンスも、、、感情昇華?(°_°)


私が手にしたかった事は

恋愛でも
お相手でもなく
もうちょい下の事で

「恋愛はこうでないとダメ!」


って、思ってる事を

 

「リハビリでも良いんじゃない?」に

許可してもらいたかったんですね〜(^.^)

それに気付いたら
急に楽になってしまって。

恋愛にせよ
他の事にせよ

自分でタブーを作ってる事は
意外と多くて
それを止めてみたら
本当に欲しい物が見えて来るという。

擬似恋愛?

ん〜やっぱりリハビリかな??

「運命の人」だとか
そうでないとか…
パートナーの有無は関係なく

恋愛時のドキドキ感だけを
取り出して楽しんでみるのは
もしかして、それも
人生の美容液なのかも

 

人生の美容液。
皆様は、どう思われますか?


Photo by.塚本ダイさん

マッサラデ、アルコト

さてさて。
昨日は旧正月では、新年。


私自身にも色々と動きもあって
長い冬眠からお目覚めかな。
なんて、気もしています(o^^o)

去年、50歳を迎えて
色んな事を経験させて頂き
勿論、全然嬉しくない経験もありつつ
黒に時には塗れ
時には、どっぷり浸かりながら

尚、今思う事は


『真っさらで在る事。』


これは、亡き愛犬から頂いた
教訓の様なもの。

まだ30代の時に
自分の黒い部分の比率?
に気付いた時

ものすごーくショックで

「受け入れ難しρ`)」

だったのですが
その時に
愛犬の乃亜に言われたのが


「ママ、自分の闇を知り尽くさないと
光のお仕事はできないんだよ。
闇が在る事は、決して恥ではない。
誇りと思いなさい!」


と。

当時は意味がわからず

「アナタ何言ってんのよ(˘з˘)

ってな調子でしたが
今となっては

「そうだよなぁ〜」っと。。。(深々)

乃亜が言ってくれたこの言葉には
とても深い意味がありました。


この世は相対性の性質があります。


1
つの想いを出すと
それ以外、つまり反対の物も
生み出される仕組み。

例えば。。。

お金が欲しい。と思えば
お金がない。を生み出します。

『お金がないから欲しい現実』

に、なるのです。

黒いのが嫌。

と、言ったら白になるのではなく

『黒いのが嫌なので白になりたい現実。』

と言う様に「欠落感」の方が
発する感情が強いので現象化しちゃうんです。

なので、乃亜が言った事は

「闇を知り尽くしたら欠落感が
なくなって、ニュートラルに戻るよ。」

って、事なんですが
当時の私には難しかった(´-`.oO

 

私は「真っさら」と言うと
大好きな色「白」を
イメージするのですが

《虹色()を全部合わせると白になる。》

と言う説がありますよね。

白の要素って、全てなんです。

そう、闇ってる事()もあって
初めて光を知り
ニュートラル()の位置を知れるんです。

スピではよく

光が善
闇が悪

と、解釈している事もありますが
本当は善も悪もイーブンなんですよ。

イーブンなので
光と闇の戦争などないのです。
(でもスターウォーズは好き)

もう少し拡大された意識になると
闇も違った側面の愛なので
全て愛の解釈で
光勢力が勝ったとかではなく
ただ最初から
全て愛なだけのです( ˘ω˘ )エヘン

どんなに光をめざしても
見えてくるのは、エセの光。

ド闇ってみると皮肉な事に
極のド光も見えて来るんですわ(あはは)

 

この世で意地悪じゃない人なんて
産まれたての赤子くらいなもの。

 

そう思うと、全てO.K牧場ですね〜♪


「ママ、真っさらで在りなさい。」

時を経て、真意を知り
口数の少ない乃亜が私に言ってくれた事。

私の宝物です♡



Photo  by.塚本ダイさん

春が来たので、人間活動開始です♪

昨日は節分。
今日は立春。

節分は旧正月の大晦日なので
お部屋の片付けやお掃除を
念入りにして過ごしました。

先日、人生のワンクール終盤に
去年よりお勉強していた
心理学から卒業しました。

スピ畑で20年以上いて
ちょっと学問の観点から
物事を見てみたく
お勉強し始めた心理学。

同じモノゴトを
多面から観てみるのも面白い発見が
あったのですが

どちらも概念。

スピのモノサシを持てば
スピよりの目で観るし

心理学のモノサシを持てば
心理学の目で観る。

それが未来で生み出されるから
本当にそうなる。

 

この世は『マトリックス』

 

勿論、この世に生きている上で
概念も必要なのだけど
あんまり囚われてしまうと
人間として楽しめなくなっちゃうな〜って。


齧ってるくらいが
丁度良いなと思えて来て
タイミングが合ったので
感謝して学舎から出る事に。

 

心理学は私を助けてくれたし
沢山の気づきをくれましたが
同時に心理学と言う側面から
人やモノゴトをジャッジしている事にも
気づいてしまい

 

私が経験したい事ではないなぁ、と

 

泣いたり
笑ったり

不器用な女じゃけんのぅ

とか言って
ふざけてみたり(笑)

それも肉体があるから出来る事だし
とっても自然。

自分の中の闇は
決して敵ではなくて
それも自分の一部で
全て違う側面からの愛で
メッセージ。

どんな場面も
自分の内側の表れで
それでもやっぱり

外の世界に影響されて

「ぎゃーーーーーρ`)

とかなってる自分に

「もーそれでも良いじゃん。」

って愛おしさも湧いて

笑っちゃったりして
人間っぽいのがイイ。

私たちは人間活動しに
こちらの世界に来てるんだから。

色んな景色があって良いし
色んな色彩があっても良い。

まあ、私は振り幅が
大きいと言うか広いからと言うか
コケるとそれなりに反動もあって

結構な痛みも伴い
ヘロヘロ期も長かったけど

こうして人間として
生まれたのだから

全部O.Kにしちゃって
この先うーーーんと楽しもう!って。

規則制を手放し

過去ではなく
未来へ視点が向いた時
本当の意味での人間活動が
始まるのだと思う。


人生には色々と出来事があってしかり。

 

色んな意味で、春も来た事だし


愛すべき人生よ
ドンと来なされ( ˘ω˘ )ドスコーイ❤️

Photo by.塚本ダイさん

水の様に生きる

「千夏さんのこの先の目標って何ですか?」

と、最近、よく聞かれます。


薄着写真を掲載する様になって
「この人は何がやりたいのか?」
っと、思われているらしく
そう聞かれる事が増えて参りました()


結論から言ってしまうと。。。


あはは
(^^;  特にナイんです()
本当に。


少し前までは
こんな無重力な感じで良いのだろうか?

と、思う事もあったのですが


今は
「ランドマークいらね〜(˃̵ᴗ˂̵)
って、思っています。


思い返してみると
私は幼い頃から出来ない事が
本当に多くて
欠点補填で
死にものぐるいで努力しても
結果は8割あるかな?という。。。

残りの2割強を埋める為に
更なる努力を重ねるも

好きな事でないので
全然集中力もなく
結果は動かないんですよね。

その反対に

興味のある物や事には
周りが引くくらいの
集中力を発揮する子供でして

当時は「頭の弱い子」の

カテゴリーに常にランクインでした。

大人になり
何でもスマートにこなしそうに
観られるのですが
本当の私は真逆なのです。

私の事をよく知る友人たちや
生徒さんたちに
いつも助けて頂いています。

 

『死にものぐるいの努力』
は、いつの間に深く染み付いていて
「努力型の人」
が標準搭載になってましたが

去年。

コンテストとお引越しを経て
やり切った感からの廃人状態になり

『人生に目標なんて
なくても良いのではなかろうか?』

って、考え方が湧き上がって来たのですよ。

1つ目標立てれば
1つの概念の枠にハマり

「これを達成せねば!」

と、また執着が生まれて
必死になる。

このパターンに

ちょっと疲れちゃった。
と言うのもあるのですが

もっと自由自在に生きたいな。
いや、できるはず、

みたいな湧き上がる想いもあって

改めて
私は何になりたいのかなぁ?
と、問いかけてみると答えは


『水の様に生きたい。』


でした。

お水は環境によって
液体、気体、固体と形を変え
色も味も、加える事で
自由自在に変化変容して行きますね。

でも「水」と言う性質は
絶対的な物で本質。

『芸は売っても、心は売らない』

みたいな(笑)
自由奔放にしてても
凛と筋の通る在り方(o^^o)

この世で、せっかく「肉体」
と言う宝物があるのだから

自由自在に形を変えて
人間活動を堪能し
この世の悦びを
体現して行けたら本望ですね(^^)

 

皆様には人生の目標
ありますか?



Photo  by.
塚本ダイさん

大人たちが、今、子供たちに出来る事

この10年ほど
動物たちとの対話を通して
(人の)子供さんの問題
に触れる事があります。

私たち、昭和世代と違って
平成、令和の子供たちは
いわゆるハイブリッド。

考え方、捉え方が全然
違います。

映画ターミネーターの様に
メカニズムが違う。
と言った表現がピッタリです。

 

フィルターがより薄く
万物とのセッションが可能な
今の子供たちは
時には、大人たちを困惑させて
しまうのです。

理解されないジレンマに
内に篭ってしまったり
逆に、放出的になっちゃったり。

子供たちは自分の感情の
やりどころが
大人の様に、上手にはできないのです。

そして昭和的な地球のルールも
そんなに早く大きくは
変わっては行けませんから

大半の昭和組がハイブリッド組について
行けてないのです。

今の子供たちは
昭和のルールを受け入れない事を
コミットして来ていると言われている為に
大人と子供の間で葛藤が始まります。


では、私たち大人は
一体何をしたら良いのでしょう。

お説教する事でも
病名をつける事でもありません。

 

子供の事をあれこれ言う前に
大人たちは、しなければならない事があります。

 

それは


『自分の世界を幸せにしてあげる事。』

ちょっとくらいダメな所があっても
良いんです。

 

動物たちは常に寛大です。

どんな個性であっても
ジャッジを入れる事はありません。

ただ、ただ


愛する人の笑顔に触れていたいだけ。

昨日のブログ内容と少々被りますが
まずは、大人が幸せでないと
子供に幸せを教えてあげれ無いのです。

幸せや悦は、目に見えませんが

動物や子供はそのエネルギーを
バイブレーションで感じています。
気づいた大人から子供たちが夢みて
ワクワクしながら成長出来る
豊かな畑を耕すのです。

 

子供たちは地球の宝にございます。

 

どんな種族
どんな人種も

肌の色や経済状況も超えて
地球の宝物にございます。


今、大人たちが出来る事は
種の出やすい畑を耕す事。


芽を摘み過ぎず
適度に雑草抜いて
せっせと水をあげて
それぞれの花が力強く咲く事
それを楽しみにし
生命を信頼する事。

 

思考はエネルギー。
バイブレーション。

どんなバイブレーションを
イマココで発するか。です。 

子供のいない私が
生意気良いまして
申し訳ないなぁ〜…とも思いますが

 

これは宇宙のセオリーなのです(^^)

 

まあ。。。。
冬なのに、超薄着で
キレイにお写真撮って頂き
ご機嫌さんになってる
メデタイ大人でも
この世は生きて行けてるので

少年少女達よ、大志を抱け❤️

 

For  HinaP with Love ❤️

Photo by.塚本ダイさん

女性が美しいと世界が平和になる理由

【女性が美しいと世界が平和になる理由】

『女性が美しいと世界は平和になる』
『女性が美しい事は社会貢献』

などと言ったフレーズを

最近よく聞いたり
目にしたり致します。

これは決してエステ会社の宣伝ではなく
実は本当のお話し。



結論からお話ししちゃいますと。。。


『殿方は女性からしか
エネルギーチャージが出来ないから』

 

女性は生み育む性。
万物からエネルギーを頂ける性質を
持っています。

・お洋服を買った。

・美味しい物食べた。

・ネイルチェンジした。

・愛犬が可愛い。

・お天気が気持ちいい

 

こう言った日常からも
エネルギー供給出来るのです。


一方、殿方は違います。


女性から生まれた
性もある為

女性からしかエネルギー供給が
出来ないと言われています。

現代社会に置いては
少し事情も変わって来てて

女性がオス化し
逆に殿方がメス化したのか
新宿を通るとホストクラブの
宣伝カーが沢山通っていたり
ママ活される女性も増えたり。

なんて、事もありますが
まだまだ、そんなに多い訳では
ございませんね。

 

殿方のエネルギー供給は
必ずしも体の関係とは限りません。

スナックのママにお話しを聞いて貰う。
女性の笑顔が可愛かった。

など。。。そう言った事からも供給可能です。

リアル
「マドンナ達のララバイ」(o^^o)

そして、エネルギーを沢山使う
芸能人、先生肩書の方、社長さん
などなど、こう言った方々はエネルギー供給が
一人の女性では間に合わないので
愛人さんを囲ったりするのです。

こう見ると

なーんか理にかなっていますね(^^;;


殿方は、
女性の笑顔が大好きです。

なので、女性が身も心も
美しく豊かでいると
殿方はエネルギーが満腹なので
飢えて戦いを起こさなくなります。


逆に考えてみても
満たされて満腹の時に
戦いたいとは思わないですもの( ˘ω˘ )


『オオカミの牙を抜く』

と、言う表現がありますが


オオカミだって
ご飯ちゃんと食べれてたら
むだに牙を剥く事もないですからね()



世界平和は
シンポジウムや
平和を唱えても、それは叶いません。

 

世界平和は
個人レベル、
ご家庭レベルで
愛と平和の日々から生まれるのです。


女性が美しく笑顔でいる事が
世界平和への道ならば


本当は誰も戦争なんて
したくないのかもね。。。

 

Photo by.塚本ダイさん