シニアさんあるある。「ウチの子、もぅ歳だから…」なんて言っていませんか?

10歳を過ぎた頃から…

「ウチの子、もうお婆さん」

とか

「もう、お年だから…」

とか、言っていませんか?

 

今日は、先日、犬の生活銀座ブティックさんにて

アニマルコミュニケーション

パーソナル・セッションをさせて頂きました

ある、レディ・チワワさんのエピソードです。

 

こんばんは。

アニマルコミュニケーション講座・体験講座

レイキ伝授@東京

夢犬虹色癒店 千夏です。

 

ピンク色のお洋服が似合う

レディ・チワワのMちゃん。

 

お写真を頂きました時

ポンって入って来た気持ちが

 

「私、ピンク、似合うでしょ(o^^o)」

 

でした。

実際、ママ様がピンク色を大好きで

Mちゃんのお洋服もピンクが多いのだとか(^^)

 

セッションを開始して

まず最初に伝えて来てくれた事は

 

「そんなにお婆さん扱いしないで〜(^^;)

私は、全然元気だし、最高のレディだと

思っているのよ〜(≧∀≦)」

 

でした。

 

10歳になりますとシニア期に突入で

アレコレと心配になって参りますし

気を配ってあげたい事もありますよね(^^)

 

お気持ちは、よく分かります。

 

でも、多くの動物達は「老い」に対して

そんなに深刻な感じに捉えていません。

むしろ、あるがまま。

 

そして、、、

「私がこの世を去る日の事まで

想像して泣いているのよ〜」

と、言ってクスっと笑います。

 

ママ様はMちゃんへの愛が深いあまり

命のカウントダウンまでされ

胸を痛めていたそうで

 

「えええ!分かっているんですか?」

 

って。

 

勿論、バレバレです(^^)

 

赤ちゃんの時からお迎えしていると

ずっと永遠に赤ちゃんな気分ですが

見た目と気持ちと

人間の年齢に置き換えた実年齢。

 

人と動物達の間では

少し温度差が生じています。

 

ずっと私の「永遠の子供」でいて欲しい…。

 

本当にそうですね(^^)

 

しかし、彼らはとても冷静に

自分の身体を理解して付き合っています。

 

例えば…白内障だとしたら

「白内障なんです。

こんなに白くなってしまって

目、大丈夫ですか?」

と言うご質問、よく頂きます。

 

動物達は、どうでしょう?

 

彼らからは

「他の機能があるから全然大丈夫よ。」

とか

「まあまあ、歳なりよ(^^)」

と、こんなお答えが多いのです。

 

これを人に置き換えると

 

私達、お歳を重ねて来て

目が、ちょっとアレだったり

するじゃないですか。

 

それで、多少の不自由はあったとしても

憂いている人って、、、

多分そんなにいないと思うのです。

 

そこに、母がやって来て

老眼になった事を心配して

「大丈夫?大丈夫?」

と、悲しんだとします。

 

さて、あなたは、何て答えますか?

 

きっと、彼らと同じで

 

「ま、歳なりでしょ(^^;)」

 

って、感じだと思います。

 

それよりも、共に歩んだ10年間。

ここには掛け替えのない宝物がいっぱい。

これからも、宝物をいっぱい増やして

一緒に楽しんだ方が、彼らも喜ぶのです。

 

レディ・チワワのMちゃん。

 

見た目は可愛いが

実は、クールビューティ。

一本筋の通った、イイ女(^.^)

 

「そんな先の事よりも

私は『今』生きてて

ママと一緒にとても良い時期を過ごしているのよ。

ママ、もっと自信持って!」

 

クリクリの大きな目で

私を真っ直ぐに見て伝えてくれました。

 

小さな身体で

力強く生きる生命。

 

彼らには、人の様に

老い=悲しい事

的な概念はありません。

 

ただ、そうである事。

 

シンプルに受け止めています。

 

人も動物も同じ様に

歳を重ねて、いつかはこの世を卒業して行きます。

その時の中で

どんな生き方

どんなあり方

の方が、重要なのです。

 

美しいでしょ(o^^o)

 

レディ・チワワのMちゃんと(o^^o)

 

今日もお読み下さり

ありがとうございました😊

 

🌸ただ今、アニマルコミュニケーション講座

体験講座は個人レッスンにて承っております。

お気軽にお申し込み下さいませ。感謝

 

 

 

 

 

寒い日のシニア犬ケア。見落としがちな症状は?

今日は冷え込みますね~(^.^)

皆さま、如何お過ごしですか?

「冷え」に加え「低気圧」

シニアちゃんには、ちょっと気を付けたい陽気です。

 

今日は、こんな日のケアについてお話し致します。

 

こんばんは。

アニマルコミュニケーション講座

レイキ伝授@東京

夢犬虹色癒店の千夏です。

 

我が家のトラジさんも、14歳を過ぎ
気が付けば、どっぼりシニアさん。

 

ここから先、ゆっくり体内年齢を重ね
健康的に過ごして欲しいのは
どちらのママさんも同じお気持ちでしょう。

季節の変り目で
気圧や気温が激しく変わるよりも
まだ、一定で寒い方が体には負担は少ないですが

冷え込んだ日に良くご相談頂くのは

下痢と嘔吐。

プーちゃんも、こんな日は
ほぼほぼ、ピーか、ゲー_:(´ཀ`」 

人も腰痛になったり
お腹の調子が崩れるからもいらっしゃいますね。

それに加えて・・・

盲点なのが「歯槽膿漏」

嘔吐、下痢は見た目に派手なので
胃腸炎かな?とか当たりをつけやすいですが

歯槽膿漏は、シニアちゃんは殆どなのと
お口の中の出来事なので
気が付かない事も。。。

また、下痢や便秘でなくても
寒くて循環が悪くなり
気・血・水の巡りが滞って来ると
腸が浮腫んでたり、ガスが溜まったり
なんて事もあります。
便の状態も大切なのですが
下痢や便秘ではない=健康な腸
とは限らないのです。

 

寒い日のシニア犬ケアはとてもシンプルです。

 

*いつもより量を少な目に*

寒いと胃腸の動きが悪くなります。
なので、体に協力してあげる目的で
いつもより気持ち少な目で
消化の良いものが良いと思います。

手作り食の方は、葛で薄くとろみの付けて
胃粘膜を守ってあげるのも良いですね。
葛は葛根湯にも入っている様に
体を温めてくれるので
体の中からも温めてくれますよ!

ウチは、カリカリなの(ノД`)・゜・。って方は
無添加のお出汁で作った
お味噌入れる前のお汁を葛でとろみ付けて
カリカリさんに掛けてかげるのも良いですよ。

 

*冷える食べ物は与えない*

先ほど、葛の紹介をさせて頂きましたが
生姜も良いですし
すっごく冷えてしまっている子は
生姜とシナモンを蜂蜜に漬け込んで
エキスを抽出したものを飲ませてあげると良いです。

ハチミツはてんかんにも有効ですので
水分補給のついでに
お白湯に入れて飲ませてあげると
低気圧時のてんかん発作の予防になります。

ただし、糖尿病や膵炎の子は
お医者さまに一度ご相談してからにして下さい。

果物が好きな子は多いですが
お腹がデリケートな子は
うんと寒い日だけは、お預けに(^.^)

後々の嘔吐下痢の方が
お預けよりも、よっぽど辛いですし
ママさんも心のダメージ強くなっちゃうでしょ?

 

*お散歩は無理しない*

シニアちゃんだって、お散歩は大切です。
が、すごく冷え込んだ日くらいは
お休みしても大丈夫なので
大きな気持ちでお休みしても大丈夫です。

勿論、生きたがる子は行かせてあげて下さい。
ただし。
お散歩のルートがアスファルトだと
もろに冷気がお腹に来ますので
女の子は腹巻着用が良いかと思われます。

冷え冷えさんは
お家でも腹巻しておくと良いですよ。

そして、大事なのが・・・

 

*腸のケア*

大腸は歯と精通している臓器で
お腹の動きが悪くなると
歯肉炎や歯槽膿漏が悪化する事も。

我が家のトラさんも毎晩歯磨きはしてても
ここ最近の冷えで
ちょっとよろしくない感じ。

我が家は、できるだけ抗生物質は使いたくないので
アロマオイルを駆使して治癒させますが
それに加えて大腸のケアもしてあげると
改善も早いです。

手作り食の方は、ヤクルトミルミルを
少しご飯にinしてあげるのも有効です。

糖質を気になさる方もいらっしゃいますが
大量ではないですし
手作り食だと水分も多いので
薄まってしまいますから大丈夫です。
でも、どうしても心配な方や
糖質制限などのある子は決して無理はしないで下さいね☆

食事療法はキッチンにあるもので
病気を改善に導くものですが
私の場合は
東洋医学、西洋医学、ホリスティック医療
どれもイイトコ取り主義です(*^^)v

お薬が必要な時は、飲ませます。

強いお薬の場合は
後でデトックスする方法はいくらでもありますから。

お薬もカリカリさんも「悪」とは
思っていません。

ただ、シニアちゃんはカリカリさんだけだと
どんどん体内の水分が奪われてしまうので
お味噌汁の味噌投入前のお汁を
カリカリさんに掛けてあげるだけでも
一緒に水分が取れるので試してみて下さい。

気を付けて欲しい事は、水分は1時間で通過。
カリカリさんは6時間以上かけて消化するので
結局は体内の水分を使う事になります。

これは、人で言うと・・・

焼き芋やゆで卵を若い時は普通に食べれていたのに
咽る様になったってないですか?

それは、加齢により
湿気を帯びているはずの粘膜が
乾燥してきたから(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

同じ事がシニアちゃんの体内で起きているんですよ。

できましたら。。。
カリカリさんと手作りゴハンの
ハーフ&ハーフがおススメです(^.^)

これから、更に寒さが増してくる季節。

あったかケアで
ご機嫌な冬をお過ごし下さいませ。

 

注)病気をお持ちの子のお食事療法は
必ず専門家の先生にご相談下さい。

お勧めの先生
プラーナ和漢自然医療アニマル・クリニック

ブログの内容を実行される方は
どうか自己責任でお願い致します。

 

今日もお読み下さり

ありがとうございました😊

 

✨ただ今、アニマルコミュニケーション講座

体験講座は全て個人レッスンとさせて頂いております。

ご興味のございます方は

お気軽にお問い合わせ下さいませ。