何故なら、そこに愛があるから

来月は卒業シーズンですね。

ここ最近。
1つのシーズンを卒業し
少し傷心モードの友人に
今日のブログを捧げます。


前にブログにも書きましたが
生きていると

『人生のクラス替え』


なるものに出会します。

私もこれまでに何度も
この『人生のクラス替え』を
有り難く経験させて頂きました。

最初の頃は
温かくて居心地の良い場所も


やがて分岐点が来ると…


それぞれの道が現れて
巣立たねばなりません。

一緒に行く人。
ここでお別れの人。

これには善悪はありませんが
しがみついていると
追い出される様な場面になったり
大喧嘩してしまったり

傷付けたり
傷付けられたり。


必要以上にエネルギーを使うのです。


卒業は『脱皮』と似てるなぁ
と、思います。

芋虫さんが
美しい蝶々になるには
サナギになって
自分の身体をドロドロに溶かし
静かに羽化の時を待ちます。


脱皮は、命懸け。


それでも
サナギは蝶々になる為に羽化をし
真新しい羽根を広げて
嬉々として飛び回るのです。


だからこそ


サナギの時は
エネルギーを全て自分の為だけに使い
飛び立つ事だけに
焦点を合わせています。

 

違って来た周波数は
もう仕方がない事。

だって
周波数は嘘をつけないから。


お互いの成長を
ポテンシャルを信頼して
それぞれの大空で
力強く羽ばたく事だけを
考えていれば大丈夫。

もし、貴方が
卒業した場所に
恩義を感じて
振り向いてしまいそうなら

心を痛めるのではなく

大空を舞う
それは、それは美しい蝶々になって

「お陰様でこんなになれました。」

と、魅せてあげる事が
何よりの恩返しだと思う。

 

それでもね。


お別れは辛いです。
ヒリヒリと心が痛みます。

どおしてこんなに
心が痛むのでしょう?


何故なら、そこに愛があるから。


大好きだった分
愛が詰まっているから。

だから
貴方の中は、愛でいっぱいなのです。

Photo  by.塚本ダイさん

八鍬千夏Instagram

 

心の傷は傷のままでも大丈夫♡

「自分の心の傷を
どう癒やしてあげたら良いですか?」

これは、よく生徒さんから質問される事です。

ヒーリングのレクチャーの第一段階は
まず、自分が癒やされる事から。

なのですが。。。

私自身も自分を癒す旅に出て10年以上経ちますが
それでも、あえてこう言いわせて下さい

 

「心の傷は、傷のままで大丈夫

 

心に傷があると
色んな場面にてキシキシと痛む事があります。

古傷や擦り傷、深傷を負った傷。
人生を通り抜ける時
無傷ではいかない事もありますね。

ヒーリングをレクチャーしている以上

「まずは自分の傷を癒しましょう!」

と、言うのが正しいレクチャーなのかも知れませんが
最近の私は、少し違った見解です。

心に傷が在る事は
汚れている訳ではありません。

心の傷は悪ではないんです。

必要以上にダメージがない様に
ブロックを掛けた時に
痛みを生じるのが傷だと思うのです。
これ以上は進まないで、って。

傷はあなたを守ってくれた証です。
でも、傷が癒えてないと
似たような現象を生み出すのも事実です。

なので癒やしてあげる事に
越した事はありませんが
傷を消そう、消そうと
傷を消す事にやたらとフォーカスした

『傷ハンター』

になってしまっては
本末転倒なのです。

どんな物事にも
2面性があり
良い面、悪い面があるのが
この世にございます。


良き面で言えば
同じ事で痛い思いをしないで済む様に
ストッパー役になってくれますし
悪しき面で言えば
ヒリヒリと痛むから辛いですし
傷を付けた誰かさんを恨んでいるのも
更に辛いものです。

痛いのは、辛いから
嫌でたまらないものですが
この「痛みから逃れる」事にフォーカスを当て続け
傷を癒すのはNGです。

「痛み」から逃れたい

と言う現実を生み出してしまうからです。

私もコツを得るまでは
ずーっと、ここをぐるぐるぐるぐる
自分の傷をいじっては
また、ぐるぐるぐるぐる
傷をいじくる現実の中でした。


俯瞰せずフォーカスして
その時の感情まで注ぎ込むから
更に参事が広がるのです。

「逃れたい」が

「逃れられない」になってる事

ないですか?

ダイエットや恋愛
この辺のカテゴリーだと
わんさか事例が出て来そうですよね(^^)

痩せたいのに
痩せられない。。。

正に、この状態です。


では、どうしたら良いのでしょう?


ヒーリングをレクチャーする時は
俯瞰した状態で行う事を
まず必須条件と致します。

起きた現象は、ちょいと脇に置いて
感情のみに目を向けて行きます。

ありのまま
善でも悪でもなく
ただ「傷が在る」だけ
「痛みだ在る」だけ


傷はね〜
人生に優しさや深み
色気を与えてくれるエッセンスの様な
モノなのですよ。

こうやって人は
たおやかに成熟して参ります。

傷が反応した時は
自分の心を育むチャンス。

こうやって見ると

傷さんも結構いいヤツでしょ?

無理にポジティブ面から見るのではなく
両方の性質を知った上で
嫌われ者にするのでもなく

傷さん
教えてくれて、ありがとう
って。
お陰でここまで来れたよ。って。

あなたが心の傷さんを
沢山抱きしめて、温めてあげてみて下さい。

これを何度も繰り返していると
いつの間にか、傷さんは昇華しています。

これがまず
第一段階です。

もっとディープなケースに関しては
必ず専門家の手を入れる事を
お勧め致しますが

傷と戦わないで
緩めば緩むほど
不思議な事に

「生きてるんだから
多少傷もあっても良し♡」

って、気にしなくなるもので
こうなると、あんまり外の世界にも
反応もしなくなります。

それに気付いたら
傷さんに、心からありがとう
って、言って卒業させてもらって下さいね(o^^o)

ここを卒業すると
思いがけない「悦び」が降って参ります。

傷さんも含めて
自分の人生を豊かに愛せる
人生のギフトを受け取って参りましょ

Photo by.#塚本ダイさん

八鍬千夏Instagram

 

究極の自分愛とは

皆様は自分の事が大好きですか?


私は。。。
大好きです

でも、ほんの数年前までは大っ嫌いで

「自分を愛しましょう。」

と、言われても

「それって美味しいの?」レベルで

意味が全くもって分からず
自己嫌悪のループにハマっていた時も
あるんですよ(^.^)


今日は
自分を愛する『自分愛のセオリー』
ついてお話しさせて頂きます。



自分を愛するとは、、、

何かご褒美をあげたり
贅沢をさせてあげたり
自分優先I love me♡

と、言う意味でありません。


勿論、物質的に
喜びを与えてあげたり
自分を優先にしてあげるのもありですが
自分の中から豊かさを生み出せないと
外の世界へと欲求が止む事はありません。

勿論、外の世界への欲求
物質的な欲求が悪い訳ではありません

この世に生きてる事は
エゴ()とは、切り離せないし
それもまた、生きて行く上では必要だから。

ちなみに。。。

エゴは決して悪ではなく、ただの「欲」
ただ、枯渇感を「欲求」で埋めようとすると
無限ループにハマってしまうのですρ`)

では、本当の意味での
『自分を愛する』とは。。。何でしょう?


簡単に一言で言えば

『キャパを大きくする事』

と、私は思うのですよ。

今までイヤだと思っていた事や人の
何がイヤなのか?

「あの人は。」

と、外側へ向いていたベクトルを
今度は内側へ、内側へとベクトルを向け
焦点を合わせ行きます。


焦点を当てると言う事は
自分への問いかけ。

真っ暗な闇の部分へ光を当てると言う行為。
焦点はエネルギー。
エネルギーは光。

光を受けた闇の部分は
やがてバランスを取り戻し
光の中へと溶けて行きます。

これをね。

淡々と繰り返して行くと

「今までイヤだった事が
そうでなくなる。」

のです。

すなわち、受容性(キャパ)が広がり
今までイヤだった事を
自然体で受け入れ消化でき
自分自身にイヤな思いを
させずに済むのです。

そうするとね。

自分の人生を信じられる様になるんです。


起きた物事は
ただ起きた物事。
ありのままに受け入れられて
他人も自分もジャッジしない生き方に。

酸いも甘いも「ある」事を許し

自分の人生を
まるっと引き受けられる様になったなら
息を吸っているだけで
毎瞬、毎瞬が至福感の押し寄せ(˃̵ᴗ˂̵)

自分の内側にベクトルを向け
バランスが良くなると
自分自身にイヤな思いをさせないから
至福感は自分の中から絶え間なく
こんこんと湧き上がって来ます。

愛の洪水。

これが自分愛。

自分の事が大っ嫌いで
酷使し、粗末に扱ってた時があるからこそ
今は自分を愛おしく思います。

みんなで幸せに輝いて
自分らしく存在する人生を
体現して参りましょう

Photo  by.塚本ダイさん

八鍬千夏Instagram

チヤホヤされるポッと出てモテ子と動物的な本能

一生懸命に努力しているのに
大して努力もせず(見えて)
大して可愛くもなく(見えて)
それなのに世間では

ポッと出てのモテ子が
チヤホヤされる。。。(˘з˘)

な、現象について。


今日は、ちょいと
女子ぶっちゃけトークです

 

ここ最近、女友達MちゃんとKちゃんとの
恋話Zoomでのやり取りなのですが。。。


私達は
3人とも末っ子。
末っ子は、生まれた時から
チヤホヤされて来たので
チヤホヤされるのは普通の事。

なので、ちょっとしたチヤホヤだと
気づきにくい。

でも、他人様がチヤホヤされていると
アンテナはムクムク動き出す()


基本、男子も女子も
チヤホヤされたい願望はあるのでしょうが

好きではないお相手に、チヤホヤされても
実は女子はさほど嬉しくはない。


ワガママな生き物でしょ?


意中の人にチヤホヤされて
初めて満たされる生き物。

これは動物的な

「優秀なDNAを残したい」って本能も
うっすら根底にあってね

こう思うと

結局、愛されたい。のではなく
愛していたい。のだと思うのです。
(動物界は、メスがオスを選ぶので)


モテ子が意外とツマラン殿方に
引っかかるケースが多い理由は
動物的本能からズレが生じた

空虚感。

モテるから、おデートの相手には困らないし
もっとイイ人いるかもって
刺激もあるんだけど

愛されてるの確認する様に
愛されたい。があり受け身。

満たされない。
愛されたい。

が空虚感を発動し
そちらが具現化しちゃうんですね〜。

勿論、そうでないモテ子さんも
いらっしゃると思うので
そうでないモテ子さんはスルーしてね!

愛する能力が低いというよりも
愛される事にウェイトを
置きすぎてしまってるんですよね。

動物にも「愛」はありますが
モテる事は
子孫繁栄に直結するので
オス選びは顕著です。


そして、合コンとかで
ポッと出てのモテ子がチヤホヤされ
お持ち帰りされる図は
今も昔も変わらずなのでしょうが

多くの末っ子ちゃんは、このポッと出てにも
正直、ザワザワするんです。

「何でだろうね?」

と、お話していた所
いつもイイ切り口で来るMちゃんが

「末っ子は、ポッと出ての存在そのものだからじゃない?」

って。

「ほぉーーー!確かに(°_°)」

お姉ちゃんやお兄ちゃんは
今まで「初めての子」として
チヤホヤされてたが

ある日、ポッと出ての妹や弟がやって来て

努力なしの存在だけで
愛情も話題もかっさわられてしまう。

幼い頃に免疫があるのですが
末っ子には、ない。

「自分のポジションが脅かされる
ザワザワ感なんだよ〜。」

と。


くだらん事で人は右往左往してるな
(^^;;
とも、思いますが
これも生存競争の一部ね。

ポッと出でチヤホヤされるモテ子
を「あざとい」というネーミングする辺りは
人間界もやはり生存競争や子孫繁栄の
サイクルの中にいるから仕方ないのですが

でもねぇ〜

この世はマトリックスだから

他人様に向けて
愛されたいビーム打っても
ダメなのよ。
エンドレスの枯渇感を生み出しちゃう。

「愛されたい現象」が生み出され
繰り返し起きる。

チヤホヤ=幸せとは限らないし
愛される=幸せとも限らない。

「じゃあ、どうすれば良いの?(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

それはもっと、自分の内側を見ます。
スピではお馴染みの

「自分を愛しましょう」

と言う考え方が答えになるのですが
これって、本当に色んな解釈ありますよね?

ふんわりしてて、ちょいと分かりにくいし。

このテーマについては
また次回のブログで
具体的に書かせて頂きますが

「愛し愛されたい」

と言う想いは
いにしえの時代より

人間のテーマ。

愛は原動力なので
恋愛に限らず
豊かで潤いのある人生を歩むのには
必要不可欠なのかも知れませんね。

もっとアニマルになりましょ

今宵はアニマル柄でw

Photo by.塚本ダイさん

春が来たので、人間活動開始です♪

昨日は節分。
今日は立春。

節分は旧正月の大晦日なので
お部屋の片付けやお掃除を
念入りにして過ごしました。

先日、人生のワンクール終盤に
去年よりお勉強していた
心理学から卒業しました。

スピ畑で20年以上いて
ちょっと学問の観点から
物事を見てみたく
お勉強し始めた心理学。

同じモノゴトを
多面から観てみるのも面白い発見が
あったのですが

どちらも概念。

スピのモノサシを持てば
スピよりの目で観るし

心理学のモノサシを持てば
心理学の目で観る。

それが未来で生み出されるから
本当にそうなる。

 

この世は『マトリックス』

 

勿論、この世に生きている上で
概念も必要なのだけど
あんまり囚われてしまうと
人間として楽しめなくなっちゃうな〜って。


齧ってるくらいが
丁度良いなと思えて来て
タイミングが合ったので
感謝して学舎から出る事に。

 

心理学は私を助けてくれたし
沢山の気づきをくれましたが
同時に心理学と言う側面から
人やモノゴトをジャッジしている事にも
気づいてしまい

 

私が経験したい事ではないなぁ、と

 

泣いたり
笑ったり

不器用な女じゃけんのぅ

とか言って
ふざけてみたり(笑)

それも肉体があるから出来る事だし
とっても自然。

自分の中の闇は
決して敵ではなくて
それも自分の一部で
全て違う側面からの愛で
メッセージ。

どんな場面も
自分の内側の表れで
それでもやっぱり

外の世界に影響されて

「ぎゃーーーーーρ`)

とかなってる自分に

「もーそれでも良いじゃん。」

って愛おしさも湧いて

笑っちゃったりして
人間っぽいのがイイ。

私たちは人間活動しに
こちらの世界に来てるんだから。

色んな景色があって良いし
色んな色彩があっても良い。

まあ、私は振り幅が
大きいと言うか広いからと言うか
コケるとそれなりに反動もあって

結構な痛みも伴い
ヘロヘロ期も長かったけど

こうして人間として
生まれたのだから

全部O.Kにしちゃって
この先うーーーんと楽しもう!って。

規則制を手放し

過去ではなく
未来へ視点が向いた時
本当の意味での人間活動が
始まるのだと思う。


人生には色々と出来事があってしかり。

 

色んな意味で、春も来た事だし


愛すべき人生よ
ドンと来なされ( ˘ω˘ )ドスコーイ❤️

Photo by.塚本ダイさん

水の様に生きる

「千夏さんのこの先の目標って何ですか?」

と、最近、よく聞かれます。


薄着写真を掲載する様になって
「この人は何がやりたいのか?」
っと、思われているらしく
そう聞かれる事が増えて参りました()


結論から言ってしまうと。。。


あはは
(^^;  特にナイんです()
本当に。


少し前までは
こんな無重力な感じで良いのだろうか?

と、思う事もあったのですが


今は
「ランドマークいらね〜(˃̵ᴗ˂̵)
って、思っています。


思い返してみると
私は幼い頃から出来ない事が
本当に多くて
欠点補填で
死にものぐるいで努力しても
結果は8割あるかな?という。。。

残りの2割強を埋める為に
更なる努力を重ねるも

好きな事でないので
全然集中力もなく
結果は動かないんですよね。

その反対に

興味のある物や事には
周りが引くくらいの
集中力を発揮する子供でして

当時は「頭の弱い子」の

カテゴリーに常にランクインでした。

大人になり
何でもスマートにこなしそうに
観られるのですが
本当の私は真逆なのです。

私の事をよく知る友人たちや
生徒さんたちに
いつも助けて頂いています。

 

『死にものぐるいの努力』
は、いつの間に深く染み付いていて
「努力型の人」
が標準搭載になってましたが

去年。

コンテストとお引越しを経て
やり切った感からの廃人状態になり

『人生に目標なんて
なくても良いのではなかろうか?』

って、考え方が湧き上がって来たのですよ。

1つ目標立てれば
1つの概念の枠にハマり

「これを達成せねば!」

と、また執着が生まれて
必死になる。

このパターンに

ちょっと疲れちゃった。
と言うのもあるのですが

もっと自由自在に生きたいな。
いや、できるはず、

みたいな湧き上がる想いもあって

改めて
私は何になりたいのかなぁ?
と、問いかけてみると答えは


『水の様に生きたい。』


でした。

お水は環境によって
液体、気体、固体と形を変え
色も味も、加える事で
自由自在に変化変容して行きますね。

でも「水」と言う性質は
絶対的な物で本質。

『芸は売っても、心は売らない』

みたいな(笑)
自由奔放にしてても
凛と筋の通る在り方(o^^o)

この世で、せっかく「肉体」
と言う宝物があるのだから

自由自在に形を変えて
人間活動を堪能し
この世の悦びを
体現して行けたら本望ですね(^^)

 

皆様には人生の目標
ありますか?



Photo  by.
塚本ダイさん